大阪のうめ吉おおさか撮り歩記

 作詞・吉岡治  作曲・山口ひろし

北新地の夜

わたし、古い女と言われても、それでもいいのです。
あなたに、あなたについて行きたいのです。
あなた、お願い、私を、わたしを棄てないで

闇に浮かぶ新地のネオン


その場かぎりのやさしさでもいいの。嘘でもいいのよ、わたし、わたし、それをたよりに生きられます。
あなたに、あなたに尽くして…

北新地

嘘でも、うそでもいいのよ。それを頼りについてゆきます。
そんな願いすら叶わないのでしょうか。
北の、北の新地の片恋月が雨を呼びます。

雨で月がかすんでいます。そんな雨に合わせるように、こぼれる涙のしずくです。
大阪には、たくさんの橋があります。でも、恋の橋は、女の私、わたしには渡り切れない橋ばかりです。

北新地

渡ろうとしても、渡り切れません。
あなた、私の手を引いて、連れて行って。私を棄てないで…

北新地

私、わたし、あなたの…
夢でも、夢でもいいのよ。あなたのとなりに住まわせて、住まわせてほしいのよ。

北新地

大阪の、北の新地、新地の夜空に浮かぶ月
片恋月が涙で濡れています

どこからとも流れてくる夜曲、カラオケで歌う曲でしょうか。なぜか淋しいメロディー、そんな曲が私を泣かせます。涙をさそうのです。
新地のネオン、灯りが暗い闇の中に輝いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。