大阪のうめ吉おおさか撮り歩記

ー328ー 走る街道

⑫ 長尾街道 <前編>

長尾街道 大阪府松原市 

長尾街道は、大阪府堺市堺区を起点にし東へ向かい、二上山の北麓・田尻峠を越えて、奈良県葛城市の長尾神社付近に至る道です😀

長尾街道 大阪府松原市

古くには大津道(おおつみち)と呼ばれています。日本書紀、613年推古天皇21年の条に、後に上町台地に首都難波宮が置かれ難波より京(飛鳥)に至る大道(おおじ)を置く」と記されている日本最古の「官道」が「竹内街道」😲

長尾街道 大阪府松原市


その北1,908m(計画値)に平行して整備された道が今回取り上げた竹内街道です。 大津の名は、羽曳野市北宮にある大津神社に由来するといわれていますが、大和川と石川合流地点(柏原市)が大津と呼ばれた時期があったことがあります😮😮

長尾街道 大阪府松原市 松原警察署前


その大津に至る道という意味で大津道といい、細長い海岸浜堤を長狭(ながお)と言って、その特徴から長尾街道という名が付いたとされています😀
ほとんどの区域で大阪府道・奈良県道12号線堺大和高田線と平行する道です😁

長尾街道 大阪府松原市 

松原警察署前に建てられている説明を兼ねた道標です🤗🤗

長尾街道 大阪府松原市 

松原警察署前の道路を挟んだ向かい側に設置されています🥰図入りの立派な解説&史跡碑です🤗
「ちちかみばし」と言われる橋があった地ですが、その橋の名には悲しいできごとがあったのです🤔

長尾街道 大阪府松原市  阿保茶屋前

京から来た乳飲み子連れの旅の母親です。この街道にある橋のほとりで、乳飲み子に乳与えます。子どもは乳首をくわえたまま眠りにつきます。母親も一息ついたそのときです。乳飲み子は恐ろしい夢でも見たのでしようか。母親の乳首を嚙み切ってしまったのです😱😱😱

長尾街道 大阪府松原市 阿保茶屋前

母親は、乳飲み子を抱いたまま出血多量で亡くなりました😭😭😭😭😭
そんな悲しい、悲惨な出来事があったことから、その橋が「ちちかみばし」と言われるようになりました😭😭😨😨😱

長尾街道 大阪府羽曳野市

街道はここから羽曳野市に入ります😀

長尾街道 大阪府羽曳野市恵我之荘6-2-5 吉村家住宅の案内板

街道沿いにある民家です。羽曳野市が重要文化財に指定し保護されています🥰🥰 次回この住宅をアップします🥰

長尾街道 大阪府羽曳野市

 羽曳野市恵我之荘付近の街道の遠景🤗

大阪のうめ吉おおさか撮り歩記」に2件のコメントがあります

  1. いつも有難うございます‼️
    ちちかみばしの由来が恐ろしすぎて、ついついコメントしちゃいました💦うちの息子も2歳3ヶ月までおっぱいを飲んでいて、噛まれて痛いっ💦となったことはありましたが、噛みちぎられるって😱お母さんも赤ちゃんも可哀想すぎますね😱寝ながら授乳とかしてましたが、噛みちぎられなくて良かった😅

    いいね: 1人

  2. まっつーさん、こんばんは。いつも有難うございます。
    そうです、お母さんも、子どもも可愛そうすぎます。子どもはどうなったのか、記録にはありませんが、何日も誰も通らなければ、子どもだってお乳が飲めず死んでしまいますよね。
    今の時代なら、最悪このようなことになったとしても、緊急搬送で手術、輸血となり、命をなくすまではいかないでしょうが。当時のこのような街道は民家もあるのかないのか、原野の中だったでしようね。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。