大阪のうめ吉おおさか撮り歩記

-152- 黒門市場

黒門市場

大阪市中央区日本橋1丁目~2丁目に渡るアーケード商店街

黒門市場

市場は、一方向だけでなく「キ」の字型に伸びています。横に二通りと縦の通りがあるということです。入口・出口が3カ所づつということです😁😁

黒門市場

総延長580mもあるアーケード商店街です😲

黒門市場

約150店舗が連なり、鮮魚の生鮮品を主に、食料品全般が売られています😀

黒門市場

食の宝庫でもあり、住民の台所です😁

黒門市場

始まりは、江戸時代1818年(文政年間)と古い歴史があります😀😀

黒門市場

黒塗りの山門の寺があって、黒い山門の前で鮮魚商人が市を始めたのが起源です😲😲

黒門市場

平日は約2600人~3000人が訪れます🤗🤗

黒門市場

年末の客は、1日に15万人にもなる混み合う商店街です😀

黒門市場

混み合うアーケード商店街だけに、年末にはメディアに年の瀬の光景として取り上げられています😀😀

黒門市場

北海道物産のように、特定の地域のものを販売している店舗もあります😁😁

黒門市場

黒門市場

黒門市場

黒門市場

黒門市場

黒門市場

食品だけでなく、生花店もあります😘

黒門市場

入口・出口のひとつです😊😊

大阪のうめ吉おおさか撮り歩記」に2件のコメントがあります

    1. neco333さん、こんばんは、コメント有難うございます。黒門市場は、大阪で一番賑いを見せているアーケード商店街です。この日の撮影は平日ですが、市民の多くの人が利用しているのがわかります。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。