司法は死んだ

2022年9月1日  第421号

ココちゃん通信

発行人      

大阪のうめ吉     

2022年       

9月1日    

第421号     

編集・ココちゃん   

司法は死んだ

東京高裁、国葬差し止め棄却

安倍元首相の死で、岸田首相が国葬の儀として執り行う決定をしたことで、市民団体が、国葬にともなう関連予算の執行差し止めなどを求めた仮処分を東京高裁が却下しました。先の東京地裁の決定を支持したもので、岸田政権に忖度した決定であり、保身のためです。問題なのは、法的根拠のない国葬自体で、「個々の国民に安倍元首相への弔意や喪に服することを強制するとは認められない」とかだけの問題ではありません。司法は死んだと言えるものです。                      

市民団体 最高裁に特別抗告  

東京高裁、地裁決定支持

東京高等裁判所=Wikipediaから
国葬自体が問題なのだ     

東京高裁が申し立てを却下したことは、岸田首相が決めた法的根拠がない国葬を容認することでしかありません。法の番人が、このような決定をしたことは、法に沿っておらず、単なる岸田首相への忖度でしかなく、裁判長ら自らの保身の為でしかないものです。    

高裁のこの決定は、後々に禍根を残すものであり、国民にとって法へのよりどころを失うものです。   

市民団体は最高裁に特別抗告の方針ですが、最高裁となれば、高裁以上に信用出来ず、高裁決定を支持踏襲することは目に見えています。    
 差し止めを求めた市民団体は、先の地裁決定について「当事者らが書面や口頭で主張を交わす審尋の機会が与えられず不当」と訴えていました。しかし、高裁は手続きに違法性はないとしたのです。     

高裁がこのような判断では、一体何を基準に判決や決定をしているの

業績は自民党、政府にとってのもの  

かということになります。      
 今回の国葬の場合だと、かってあった国葬を執り行うための「国葬令」なるものが失効してなくなっていることです。「国葬令」がなくなったのは、今の憲法が制定された時、効力を有する命令の規定の効力等に関する法律 第1条の規定によるものです。   

岸田首相は安倍元首相が最長にわたったこと、様々な分野で歴史に残る業績を残した。だから国葬にふさわしいというものです。        

とんでもありません。最長の8年8カ月も居座り続けていただけのこと。業績にしても、それは岸田首相や自民党にとってのものであり、国家・国民のための業績ではありません。    

集団的自衛権の行使を容認し、日本の安全保障体制を確立したなどとしていますが、憲法を自分らにとって都合のいいように拡大解釈してのものです。集団的自衛権の行使は明らかに憲法に抵触するものです。このような事を多くの国民は業績などとは見ていません。      

安倍元首相が凶弾に倒れたのも、所詮は自ら蒔いた種。言わば自業自得と言えるもので、追悼に資する人物ではありません。    

国政の場において何をやってきたのか。全てが自民党の数の力で押し切られ、未解決のままになっています。   
 安倍は業績どころか、被疑者死亡でも起訴されなければならない人物。    

高裁が、申立てを却下したことは、このような背景を完全に無視したものです。却下を決定した判事も裁判長も法を司るにふさわしいとは言えません。このような判事や裁判長が存在する限り、法が歪められてしまいます。                            

ココちゃんです。ヒャッホー パフェとかき氷だワン 暑いからこんな冷たいのがいいワン      

ココちゃん大好き😍 😁              
  ザウちゃんも大好きザウ 😍 😘              

みなさん、今日も一日元気で頑張りましょうね。

みなさん           

おはようございます  うめ吉 
この欄はココちゃんの担当です 

道しるべ   安倍晋三が引き起こした悪行の数々こそが、永遠に日本の歴史に残るものです★桜を見る会の問題では、司法がまともに機能していないことから不起訴になりました。しかし、後援会代表でもある公設第一秘書が政治資金規正法違反で100万円の罰金という略式命令を受けています。このことは、まさにトカゲの尻尾切り。安倍の関りなく秘書がこのようなことをするはずがありません★加計学園問題、森友学園問題では、近畿財務局職員が公文書改ざんを強いられ命を絶っています。これとて、命じた黒幕は安倍であることに疑問の余地などありません★今回の東京高裁の申立て却下は、こうしたことを全て容認することになり、安倍のやってきたことは「正しい」「業績」としてお墨付き」を与えたことにほかならないものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。