民主党政権、許されぬ大罪

2f022年5月8日  第305号

※スコーク77  航空管制のための識別コードで、要撃の対象となった場合の緊急事態に発信されます。 
 これを発信すると軍用機(自衛隊機)が受信し、自衛隊機の指揮下に入ることになります。こうしたことから、この事件では、東京管制がどんな緊急事態かと123便に呼びかけていますが、123便からの応答なし。すでに自衛隊機の指揮下に入っていたためです。

民主党政権、許されぬ大罪」に3件のコメントがあります

    1. こてさん、こんにちは。いつも有難うございます。
       今年38年めになる日航機123便の件、これは明らかに、当時の中曽根政権による国家的な犯罪です。民主党が政権をとり、その時の再調査で事実を掴んでいるのに、それを公表することなく、再び隠ぺいしたことは、中曽根政権と変わらないということです。
       国民世論が沸き上がり、自衛隊の存在が危うくなることは、基本政策に自衛隊、安保を掲げる民主党にとって公表することが出来なかったということです。しかし、命を奪われた520人を顧みないことであり、許されることでありません。
       そんな民主の人間を集めたのが立憲民主党。当然事実を知っているのです。しかし、立憲もまた公表しようとしません。今公表すれば、逮捕されることになります。ですが、それは自分たちが特定秘密保護法の土台を作ったのです。立憲に良心と命を奪われた人のことを考えるなら公表すべきです。このままでは、特定秘密保護法が成立した年から60年間真実が公表されないことになります。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。